« 聖書の言葉363 | トップページ | 聖書の言葉365 »

2021年10月21日 (木)

聖書の言葉364

これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け。 (マタイ17・5)

 イエス様は弟子のペトロ、ヤコブ、ヨハネを連れて高い山に登られました。山頂でイエス様が祈っておられると、そのお姿が白く輝く姿に変わりました。顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなりました。そしてイエス様のもとにモーセとエリヤが現れたのです。モーセは旧約聖書の世界で神様から律法をいただいた人。エリヤは神様の言葉を預かり人々に伝えた預言者です。二人ともイエス様のご誕生のはるか昔に、神様のみ言葉を人間に伝えるために大きな働きをした人たちなのです。
 この信じられない光景に、弟子たちは大興奮しました。その時です、光輝く雲が彼らを覆い、神様のお言葉が聞こえました。「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞けと。弟子たちはおそれのあまりに地にひれふすことしかできませんでしたが、イエス様は「恐れることはない」というお言葉をかけて、手で触れてくださいました。
 弟子たちが顔を上げると、モーセもエリヤもそこにはいませんでした。メシア(救い主)であるイエス様のお姿だけがあったのです。このことは、旧約聖書の時代にモーセがいただいた律法や、預言者たちの言葉を超え、これからはイエス様のお言葉により頼んで行けばよいのだ、ということを表しています。神様がご自分のひとり子であるイエス様に、わたしたち人間を導くことを託されたのです。
 なんという輝かしい栄光の光景でしょう。その栄光と同時に、イエス様が受ける苦しみ悲しみが近づいています。イエス様はただわたしたち人間の偉大な指導者というだけではありません。ご自身の十字架の死によって、わたしたちの罪を背負ってくださる神のひとり子なのです。(石室優子)

« 聖書の言葉363 | トップページ | 聖書の言葉365 »