« 聖書の言葉367 | トップページ | 聖書の言葉369 »

2021年11月25日 (木)

聖書の言葉368

その子が災いを退け、幸いを選ぶことを知る前に、あなたの恐れる二人の王の領土は必ず捨てられる。(イザヤ7・16)

 ユダ王国にイザヤという預言者がいました。この人は神さまから言葉を預かって、人々や王さまに、こうなるよ、こうしなさいと伝えていた人です。そして、ユダ王国の王さまであるアハズは、とてもなやんでいました。アラムの王さまとイスラエルの王さまが自分の国に攻撃をしかけてこようとしたからです。どうしようと怯えていると、預言者イザヤはアハズ王に語りました。「王さま、落ちついて、しずかにしなさい。こわがらなくていいよと神様が言っていますよ」。そんな落ちついてられるか!と思うでしょう。しかし、これは神さまに信頼し、神さまのみ声を聞くということです。いま、アハズ王がすべきことは静まって神さまの声を聞くことであるというのです。
 イザヤはもうひとつ、アハズ王に預言しました。「わたしの主が御自らあなたたちにしるしを与えられる。見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ」。おとめとは誰のことでしょう?男の子とは誰のことを言っているのでしょうか?そしてインマヌエルとはどういう意味なのでしょう?
 みなさんも、アハズ王のように怖い、どうしようと不安になることがあるでしょう。神様がイザヤを通してアハズに語った言葉は私たちに語った言葉でもあります。「落ち着いて、静かにしていなさい。恐れることはない」。不安や恐れのなかにある時は、神さまの声に耳をかたむけて、神さまの言葉を固く信頼すればよいのです。(諸橋鷹広)

« 聖書の言葉367 | トップページ | 聖書の言葉369 »

フォト
無料ブログはココログ
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31