« 聖書の言葉413 | トップページ | 聖書の言葉415 »

2022年11月30日 (水)

聖書の言葉414

わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。(ルカ1・47-48)

 待降節第二主日の今日はイエス様のお母さん、マリアのお話をします。
 マリアは小さなナザレの村で暮らす普通の女性でした。勉強が得意だとか、歌や踊りが得意だとか、不思議な力があるわけでもなく、ただ、神様を信じて生活していました。大工のヨセフと結婚することになっていたマリアの前に、突然天使ガブリエルが現れて「あなたは神の御子である男の子を産みます。イエスと名付けなさい」と言いました。結婚もしていないのに子供を産むなんて、しかも神の御子だなんてとマリアは驚きましたが、天使に「神様があなたの側にいて助けてあげますよ」と励まされ、マリアはほっとして神さまのおっしゃる通りにしようと思いました。
 でも、マリアは天使が去るとだんだん不安になり「この後どうなるのだろう」と考えたかもしれません。マリアは、親戚のエリサベトが年を取っているのに神様の不思議な力で赤ちゃんを与えられたと聞き、急いでエリサベトに会いに行きました。マリアがエリザベトに挨拶すると、エリサベトのお腹にいる赤ちゃんが喜んでおどり、マリアはエリサべトと話しているうちに喜びと勇気があふれてきました。そして「こんな小さな誰も目にとめないような私に神様は目を留めてくださった!」という神様をほめたたえる喜びの歌を歌いました。
 神様は、マリアさんだけでなくここに集う私達にも目を留めてくださっています。これからの皆さんの人生も神様が側にいてくださいます。私は大学生になるまで教会に行ったことはなく、礼拝は退屈に思っていました。そんな私が教会学校の先生になり、今は教会の色々な仕事をしています。神様のご計画は不思議す。神様が与えてくださる恵みに感謝します。(酒井由紀子)

« 聖書の言葉413 | トップページ | 聖書の言葉415 »