« 聖書の言葉468 | トップページ | 聖書の言葉470 »

2024年2月24日 (土)

聖書の言葉469

試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えてくださいます。
(1コリント10・13)

 この聖書の御言葉は、聖書の中でもとても有名な御言葉です。これはパウロさんが語った言葉です。13節を読むと、2つ神さまが私たちに贈り物を与えてくれていることが分かります。何と何が与えられていると思いますか。それは、試練と逃れる道です。この2つが僕にも、ここにいるみんなにも神さまがによって与えられています。
 みんなは今試練が与えられていると聞いて、何が思い浮かぶでしょうか。例えば学校での勉強だとか、習い事、家事のお手伝い、恋愛、色々あると思います。実は、ここにいる大人達はみんな神さまから試練を与えられて乗り越えてきている、つまり逃れる道を辿ってきている大人達なんです。
 みんなはいま試練と向き合えているでしょうか。みんなまたそろそろ次の学年に上がると思います。勉強が大変で中々お母さんやお父さんからやれと言われてもやる気が起きない、そんな時もあると思います。そんな時に少しでも神さまの声に、パウロさんの届けたい想いに目を留めてみましょう。
 この御言葉は結論からいうと、逃れる道というのは神さまのもとへ立ち返ることです。神さまのなさろうとしていること、私達にこうあってほしいと考えていることを、今1度思い起こすことです。昔のユダヤ人はとてもこの神さまの作られた律法というものを大切にしてきました。律法というのは神さまによるルールや命令、人間にこうあって欲しいと考えて作られているもので、これは本当に大切なことです。モーセの十戒も大事な律法と呼ばれるものです。けれどそんな律法よりもっと大切なことがあります。それは神さまから与えられている信仰です。私は神さまを信じます。あなたこそ私の救い主です、と心で信じることです。信じる信仰が神さまに立ち返るということで、また逃れる道でもあります。いま私たちが献げている礼拝も逃れる道ともいえます。どんなに辛い日がやってきても神さまに目を向けて喜んで賛美して、今日から始まる1週間も主と共に歩んでいきましょう。(文 弘元)

« 聖書の言葉468 | トップページ | 聖書の言葉470 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30