« 聖書の言葉470 | トップページ | 聖書の言葉472 »

2024年3月 4日 (月)

聖書の言葉471

「マリア」と言われると、彼女は振り向いて…(ヨハネ20・16)

 マグダラのマリアは、イエス様のお墓の前で泣いていました。愛し慕うイエス様が亡くなってしまった。さらに、お墓にあるはずのイエス様の遺体がどこかへ行ってしまった。深く悲しみの中で泣いていました。
 すると、2人の天使が現れ、「なぜ泣いているのか」と尋ねました。この「なぜ泣くのか」という問いかけは、泣いている理由を尋ねているわけではありません。喜びの出来事が起こり、あなたが泣く理由はもうなくなった、それなのになぜ泣いているのかと尋ねたのです。しかし、マリアはそれでも泣くのをやめません。イエス様を深く愛しているから。たしかにそれはそうですが、もっと言えば、過去のイエス様にすがっているからです。だから、イエス様の遺体を探し求めているのです。しかし、それでは心の向きがいつまでも墓の中に向いたままです。
 しかし、イエス様に「マリア」と名前を呼ばれたことで、マリアの心の向きが変わりました。復活されたイエス様と共に歩もうとする信仰に変えられました。つまり、この箇所はマリアの悔い改めを見ているのです。

 私たちはそれぞれに色々な悩み苦しみを抱えています。その中で私たちは、日々の思い悩みに心奪われ、心の向きまでも、そちらに向いてしまいます。
 しかし、イエス様が私たち一人一人の名前を呼んでくださることで、私たちの心の向きが、死から復活されたイエス様に向くのです。
 2024年度新学期はイースターから始まります。新しい歩みを迎えるとき、私たちは、心の向きをどこに向けるべきでしょうか?(諸橋鷹広)

« 聖書の言葉470 | トップページ | 聖書の言葉472 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30