« 聖書の言葉474 | トップページ | 聖書の言葉476 »

2024年4月18日 (木)

聖書の言葉475

人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。 (マタイ4・4)

 イエス様はまず洗礼を受けられました。次に、神様のご計画で「悪魔からの誘惑」という試練を受けられます。
 悪魔とは? 悪魔は黒い服を着て怖い姿をしているのではありません。目に見えるのか?それもわかりません。しかし、確実に、さりげなく、私たちのそばに近よってきます。 悪魔とは、人と神様を引きはなそうとする者です。 人が神様を信じないようにするために働くのです。
 荒野で40日間食事を断たれて空腹になられたイエス様に悪魔は近より、「神の子ならば、これらの石がパンになるよう命じたらどうだ」と言いました。
次に、聖なる都の神殿の上にイエス様を連れて行き、「神の子ならここから飛び降りたらどうだ。天使が支えてくれるだろう」と言いました。
 さらに、高い山の上にイエス様を連れて行き、国々が繁栄している様子を見せて、「もし、ひれ伏してわたしを拝むなら、これをみんな与えよう」と言いました。
 悪魔はこれら3つの誘惑の言葉をイエス様に投げかけたのです。さて、イエス様は悪魔に何とお答えになったのでしょうか?
私たちが悪魔からの誘惑を受けた時どうすればよいのか? イエス様はそのお手本を示してくださいました。(石室優子)

« 聖書の言葉474 | トップページ | 聖書の言葉476 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30