« 聖書の言葉475 | トップページ | 聖書の言葉477 »

2024年4月26日 (金)

聖書の言葉476

「悔い改めよ、天の国は近づいた」(マタイ4・17)

 イエスさまが荒れ野でサタンの誘惑に勝たれた後、ガリラヤに行き、そこから人々に神様のことを伝え始められました。この場所は旧約聖書にも書かれていて、神様が決められていた場所なのです。イエスさまのこの宣教の旅はずっと続き、その先には十字架の死と復活、イースターの出来事まで続くのです。
 すべては神様のご計画通りです。洗礼者ヨハネを覚えてますか?
 イエスさまに洗礼を与えた人です。このヨハネが当時の領主ヘロデが正しくないことをしたと言ったために捕まってしまいました。それまでヨハネがユダヤの荒れ野で「悔い改めよ、天の国は近づいた」と人々に宣べ伝えていました。それも旧約の時代にイザヤによって預言されていました。
 そしてヨハネが捕らえられたあと、イエスさまが同じ言葉で神様のことを伝え始められたのです。
 天の国、というのはみなさんがいつも祈る主の祈りの中にある「御国を来たらせ給え」の御国のことです。人々に神様の下に戻ってきなさい。とイエスさまは教えていて下さるのです。すべては神様のご計画です。
 私たちはすぐに寄り道してしまいます。私たちが進むべき道は神様のみもとなのです。イエスさまの伝道はその私たちに寄り道せずに神様の国を目指して進みなさいと教えてくださっているのです。(志磨恭子)

« 聖書の言葉475 | トップページ | 聖書の言葉477 »

フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30